トイレは使用頻度も高く、水も多く使う場所ですのでトラブルも起きやすい傾向にあります。つまりなども多いトラブルですが、部品の劣化などで水漏れが起こることも珍しくありません。比較的軽度なものでも、長く放置しているとさらに悪化していきますし、水道代が無駄に増えることにもつながります。それゆえ、水漏れを見つけた場合は放置せずに早めの対処を行うことが大事です。

まず、水漏れを見つけた場合は、どこで漏れているのかをしっかりと確認しておきましょう。便器にヒビが入り、そこから漏れている場合もありますし、止水栓のあたりやパイプの接続部分で漏れていることもあります。このほかでは洗浄機能つき便座からの漏れも多くなっていますので、こちらもチェックしてみましょう。さらに、タンク内で漏れていないか、便器内でも少しずつ水が流れたりしていないかもチェックしておきます。

トイレのタンク内で漏れている場合はボールタップの不具合が原因している可能性があります。便器内にも漏れが発生している場合はスローとバブルが原因している可能性もあります。部品の交換などで簡単に修理できる場合は、ホームセンターなどで購入してチャレンジするのもよいでしょう。床に水が流れている場合は、そのままでは腐食の原因となりますので、こちらも早めに対処することが大切です。

トイレ修理は簡単に行えるものもありますが、素人では対応が難しい例も少なくありません。そのような場合は、無理をせずに早めに修理業者に依頼しましょう。料金が気になるという場合は、作業前に確認しておくと安心です。