日本は非常に衛生環境が整っている国です。それにくらべ外国の衛生環境は非常に未発展です。特に発展途上国の観光地におけるトイレ事情は悪いものです。汲み取り式のトイレがほとんどで、水洗式のトイレがあったとしても使用後のペーパーは便器の隣においてあるゴミ箱に捨てる方式が多いです。

ペーパーを流すとトイレが詰まってしまうからです。日本は少々ペーパーをたくさん流してもトイレは詰まりません。ですので、よほどのことがない限り修理のためにトイレ交換が必要なときはありません。しかし、どうしてもトイレ交換が必要なときがあります。

それは、便器内に異物が詰まり水が流せなくなった場合です。その異物とは、女性用ナプキンの場合があります。ナプキンは水につかると非常に膨張するために便器の配管内に張りついてしまい取れなくなります。また、子どものおもちゃが原因で便器が詰まる場合があります。

この場合も配管の奥などに引っかかってしまっているならばお手上げです。そのような場合は、思いきってトイレ交換が必要です。さらに、トイレが詰まったりしたわけではなくてもトイレ交換になる場合があります。それは、田舎の地方において自宅の前に下水道が通った際に、自宅のトイレが汲み取り式か簡易式のトイレの場合、水洗式にトイレ交換が必要になります。

大がかりな工事が必要になってきますので、いくつかの施工業者の見積もりをとって、自分にあった施工業者で工事してもらうようにしましょう。神奈川でトイレリフォームのことならこちら