最近のトイレは洋式便器が主流になり、和式トイレから洋式便器にトイレ交換する場合も多いようです。このトイレ交換をする場合にどの様な事に注意すべきでしょうか。将来の事を見据えて高齢になったときの対策も考えて行いましょう。当然便器は洋式にして、予算が許すならば洗浄器付き暖房便座にすべきでしょう。

予算的に洗浄器付き暖房便座が無理な場合は、将来取付できるようにトイレ内にコンセントを設けておきましょう。トイレの出入口には段差を設けないようにして、使い勝手の良い引き戸のハンガードアにすると良いでしょう。内装材にも気をつけて床は滑りにくく掃除のしやすい仕上材を使用して、壁や天井も掃除が簡単で張り替えられる消臭機能付のクロスなども良いでしょう。出入口部分や便器の横には手すりを設けて、高齢者が使いやすいように配慮すべきでしょう。

手すりを取り付けしない場合は、将来取付できるように壁下地を補強しておき、直ぐに取り付けできるように準備しておきましょう。トイレ交換に伴ってバリアフリー対策まで一緒に施工しておくと、そのつどするよりも経費が安く付くので同時に施工する方が良いでしょう。車椅子対策まで考えるなら、出入口はハンガードアの幅広のものを使用しましょう。またトイレ内部も介助者が一緒に入れる程の広さを取り、車椅子の回転も出来る様に考えるべきです。

またトイレの横には掃除用の流し台などが設けられると、もしもの時に重宝します。トイレ交換は今の使い勝手を改善すると共に、将来の使い勝手まで見据えて行うと安心です。