トイレは10年を過ぎた頃から、故障や不具合が生じます。トイレ交換に合わせて内装などを一新させることもできます。手洗いがあるタンク付きトイレや三角タイプのトイレを使用していたら、様々なタイプのトイレに交感できます。同じ手洗い付きのトイレ交換ならば、便座部を自由の選ぶことがポイントです。

予算や好みに合わせて、ウォシュレット機能がついたトイレとシャワートイレを組み合わせることができます。また、ウォシュレットとシャワートイレの一体型も可能です。継ぎ目や凹凸部分が減るので、すっきりとしたデザインのトイレになります。継ぎ目が少ないことから、ほこりやヨゴレが細かいところに入り込むのを防ぎます。

さらにトイレ交換では、使っていたトイレにタンクがあっても、タンクレストイレにリフォームすることができます。しかし、手を洗う場所がないので、どこで手を洗うかもリフォームする時点で考えておく必要があります。トイレの中で手を洗う場合は、トイレの中に手洗いを設置するワンデーリモデルタイプのトイレが適しています。このタイプではトイレの空間を自由にデザインでき、収納を増やすなどの工夫も楽しめます。

またトイレは小さな空間ですぐに室内全体が目に入るので、トイレの内装にもこだわります。トイレ交換の時期にクッションフロアや壁紙の張替えタイミングを合わせれば、何度も工事をする費用がないので効率が良く費用を低く抑えることができます。