多くの方が健康を害され、体に障害を持つ中でまず考えなければならないのがリフォームです。障害をもつ高齢者の方が生活しやすいように配慮しないといけません。 しきりや段差などもそうですが、トイレ交換も例外ではありません。未だに和式のトイレをご利用されている家庭もあるでしょう。

和式のようにしゃがむ姿勢ができない高齢者のためには洋式の便器に変更しないといけません。 ToToやPanasonicnなどさまざまな業者からだされているトイレ交換のための情報があります。トイレの中で立位から座位までの高さを考えたリフォームを計画するべきでしょうし、手すりの高さや角度、長さも重要な要素となります。便器を被せるタイプのものから丸々交換するタイプのものまであります。

また、昔ながらのトイレでは排水立管の位置の問題もあり前もって綿密な計画をたてるべきだといえます。最新のウォシュレットをつけるべきかどうかもポイントのひとつになるのではないでしょうか。そして、排水立管がある場合、洗浄レバーの位置が左なのか右にあるのかで設置後の使い勝手はかわってきます。高齢者の好む内装であったり、脱臭なども重要な点になるのではないかと考えます。

通常、トイレ交換などリフォームは若い年代の方より高齢者の視線にあわせたものでないと生活は不便なものになります。インターネットではさまざまな情報が飛び交っています。トイレ交換の全体的な工事の流れがわかりやすいものであったり、他の業者よりも低コストで交換が可能であるなども考え、失敗のない計画をたててほしいものです。